自衛官の投資事情について

今回は、自衛官の投資事情について紹介しようと思います。自衛官(公務員)は、法律で兼業が認められていません(許可を受ければ大丈夫ですが、基本的に兼業はできないと思ったほうがいいです)。ですから、給与の他に資産を築くには投資しかありません。私は幹部自衛官でしたので、仕事をしていると必然的に周囲は幹部自衛官が多くなります。外部とのやり取りが多くなる幹部自衛官を見ても、投資に興味がある人はそれほど多くなかったと思います。昼休みなどでの雑談時、投資などに関する話題はほとんどありませんでした。どちらかというと趣味に関する話題が多かったと思います。安定した仕事を求めて、国家公務員になることを選択した隊員たちが多いので、多くの資産を築くより、家族との充実した生活を重視している隊員の比率が多いと思います。正直、自衛官を辞めて気づいたのですが、贅沢をしなければ奥さんが専業主婦でも十分にやっていけると思います。子供2人くらいなら大学に入れて卒業させることも可能だと思います。私は、44歳で自衛官を退職しましたが、私くらいの年齢の幹部自衛官は700〜800万くらいの年収を得ていると思います(今回就職した社会福祉法人の倍の給料です)。曹クラスでも600万くらいの収入だと思います。

このような収入事情もあり、実際に投資を行っている隊員は、3分の1にも満たないと思います。自衛官は基本的に土曜日と日曜日、そして祝日が休みです。自衛官が休日で休んでいるときはのほとんどは、株式市場は休場です。勤務中に株のチャートをリアルタイムでみることもできません。過去に、勤務時間中にスマホを使用して株取引を行っていた隊員が懲戒処分を受けた事例もあります。株に興味のある隊員が、細々と有力銘柄を長期保有している程度だったと思います。それでも結構堅実に利益を出している隊員が多かったです。ちょっと話は変わりますが、アパート経営などの勧誘も多かったです。どこから名簿を手に入れたのかわかりませんが、電話で実名で〇〇さんお願いしますとかかってきて、実際に話をしてみると聞いたこともないアパート経営などの投資斡旋会社だったりしました。私の周りで実際にアパート経営をしているという話は聞いたことがありませんでした。おそらくやっている隊員もいるのだろうと思いますが、収入を得ると兼業になってしまうので、奥さんや親の名義でやっているのかもしれません。勧誘の電話もしつこいので、本人は不在ですとか理由をつけて断っていました。

私ごとですが、以前、浅はかな知識で株を始めて大損をしてしまったこともあり、現役時代には株取引を始めとした投資は全く行っていませんでした。現在、5月から社会福祉法人にて働き始めました。老人ホームは、365日、24時間常に営業しています。休みはありません。交代制で常に職員が勤務しています。勤務はシフト制なので休日は不規則です。子供が小学生や中学生の職員は子供の部活動のため土曜日や日曜日の休みを希望します。子供が大きい職員は、休日はいつでもいいので、平日に休みになることが多いです。私は、平日の休日が圧倒的に多いです。平日は、リアルタイムに株式市場と向き合うことができます。このように恵まれた環境なので、株式投資をやってみようと思ったのです。

まだ、株式投資は始めたばかりなので、損失のほうが多いところです。利益が出始めましたら、利益確保した銘柄など積極的に情報発信していこうと思います。基本的には、市場取引終了後の夜に銘柄選定して、次の日以降の寄り付きで株を購入するスタイルですので、チャートをみることのできない公務員にもできるトレードスタイルだと思います。絶対に利益を出して、皆さんの参考になるようにしたいと思います。

次回は、株取引以外で実際に利益を得ているウェルスナビの利益率などを実際にお見せしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

株式投資始めました

次の記事

山形県にオスプレイ飛来