i-smileについて(その3)

i-smileを4ヶ月継続してきましたので、その成果を紹介したいと思います。この教材の売りは、2ヶ月で英語がペラペラになることです。最初に結果をお伝えしましょう。もちろんペラペラにはなっていません。WORLD NHK NEWSを聞いていますが、ほとんど何を言っているかもわかりません。これが現状です。語学習得に王道はありません。一つ一つをしっかりと積み重ねていくことが重要であることを思い知りました。講師の先生方も1日1日を積み重ねていけば絶対に話せるようになると言っていました。特に印象に残っている先生がいたので紹介したいと思います。その先生は、中国からの留学生です。日本の最高学府の大学院で学んでいると言っていました。その留学生は、約4年の歳月を掛けて英語を習得したと言っていました。アメリカの好きなドラマを見ながら、シャドウイングしていたといいます。多分のこの留学生は、英語だけをずっとやっていたわけではないと思います。工学系の勉強をしているということですから、あらゆる分野の勉強をしていたのだと思います。アウトプットを意識して継続することが大事だと言ってオンラインレッスンを締めくくってくれました。

あと、返金保証制度について紹介したいと思います。はっきりいいますが、返金保証があるからi-smileをやろうと思っている人は絶対にやらないほうがいいです。私自身、返金保証があるからやってみようという気持ちでこのi-smileをやりました。実際に4ヶ月このカリキュラムをやり遂げましたが、思ったほど効果がなかったため返金を希望しました。運営会社(クレアジョイ、CREAJOY)も会社ですから簡単には返金してくれません。講師の先生方に高いレッスン料を払っているわけです。いろいろと運営会社と交渉しましたが、オンラインレッスンの時期が予定の時期から1週間遅れていたという理由で返金には応じないということでした。私は、ここで自分自身を納得させました。サイトをみると、納得できない方も多数いるようようです。はじめから返金保証をあてにしたカリキュラムの受講は避けたほうが良いと思います。また、オンラインレッスンをすべて受けることが返金の条件になっています。オンラインレッスンの予約をして日時が確定するのはオンラインレッスンの受講日の1週間前です。仕事が不規則な方だと突然の仕事でオンラインレッスンをキャンセルしなければなりませんが、日時決定後のキャンセルはできません。そのオンラインレッスンを諦めるしかありません。しかも、キャンセルは自己都合ですから、8回しかないオンラインレッスンの1回を失ってしまうわけです。このような状況は想定されますよね。こんなことは、i-smileの申し込みの際にはわかりません。わかるのは1ヶ月後のオンラインレッスンが始まる直前です。忙しいビジネスマンの方はぜひ参考にしてもらいたいと思います。

このブログの冒頭(はじめに)でも述べていますが、i-smileの終了が私の終着点ではありません。TOEICスコア700が今年の目標です。そのために、新たなレッスンを開始しました。i-smieは4ヵ月で約26万円の費用がかかりました。はっきりいいますが、こんな高いお金を払わなくてもこれ以上の成果を得ることができます。i-smileの講師の方も言っていますが、英語習得の鍵はいかにアウトプットの機会を増やすかです。26万円があれば1年間、i-smile以上のアウトプットの機会を確保できます。次回は、その教材について紹介したいと思います。

 

Follow me!

i-smileについて(その3)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です