i-smileについて(その2)

それではi-smile(アイスマイル)の詳細について紹介しようと思います。今回は、i-smileのカリキュラムの内容と勉強の進め方についてです。

カリキュラムの内容を簡単に表にまとめてみました。

この内容をひたすら4ヶ月間勉強しました。英語力はそれほど向上しませんでしたが、4ヶ月間やり抜いたという達成感は得ることができました。

それではカリキュラムの内容についてちょっと詳しく説明したいと思います。

カリキュラムの期間は2ヶ月です。プラチナコースに申し込むと更に2ヶ月延長が可能です。この2ヶ月間は運営スタッフから様々なアドバイスを受けることができます。勉強法であったり、英語に関することであったり、ソフトの使用法など何でも教えていただけるようです。このサポート期間をすぎると運営スタッフからのサポートは一切受けることが出来なくなります。webサイトにあるコンテンツは引き続き使用することができます。

ここで教材の料金についてちょっと触れておきましょう。通常の2ヶ月のコースの料金は、198,000円です。しかもこの料金は、期間限定です。ある期間を過ぎると248,000円になってしまいます。私は、今申し込まないと損をしてしまうのではないかと思ってしまい、衝動的に申し込みしてしまいました。今思うともう少し慎重になれば良かっと反省しています。更に特別オファーのような感じでプラチナコースを勧めてきます。59、800円で更に2ヶ月間サポート期間を延長してくれるというのです。これも衝動的に申し込みしてしまいました。結果的にこのプラチナコースには申し込んで良かったと思っています。この教材で唯一勉強になったと思うのは、オンラインレッスンです。プラチナコースに申し込んで追加の16回のオンラインレッスンを受けていなかったらi-smileに申し込んだことを本当に後悔していたと思います。ですからi-smileで勉強するという方は絶対にプラチナコースに申し込んだほうがいいです。i-smileの講師の方々も言っていますが、勉強の黄金比率というのがあって、インプット3割、アウトプット7割だそうです。インプットは通常のドラマをみること、アウトプットはオンラインレッスンの場でインプット学習したこと実際に会話して実践することです。16回のオンラインレッスンがアウトプットの場ですから、オンラインレッスンが非常に重要であることが理解してもらえると思います。

次に日々の勉強法についてです。まず最初に15分間のドラマを見ます。そこでしっかりとドラマのあらすじを覚えます。その後、スマート字幕が挿入された英語バージョンのドラマをまた見ます。詳しい勉強法はwebサイトをよく読んで確認してください。スマート字幕の挿入されたドラマを見ることによって英語力を高めることが i-smile の売りです。コンテンツの内容は情報として保護されていますので、詳しく説明することができませんので、これくらいにとどめておきたいと思います。

また、週に1回〜2回、英語の原稿を録音して音声で提出しなければなりません。日本人が苦手なLとRの発音についてどうすれば簡単にできるかなどアドバイスしてくれました。おかげでネイティブライクな発音に近づいたと思います。最初は自分の発音を人に聞いてもらうのが恥ずかしく、やりたくないという気持ちになりますが、継続していくうちに、苦にならなくなります。発音が適当でも英語を話す人はたくさんいますが、正しい発音で話せるということは同時に聞けるということでもあるとアドバイスしてくれました。忘れずに毎回提出するようにしてください。

最後にオンラインレッスンについてです。最初の2〜3回は本当に嫌でした。自分の英語力が情けなくて英語を発音することすら嫌になってしまいました。でも、レッスンを重ねるにつれ、少しずつではありますが、英語の単語が少しずつ聞き取れるようにになってきました。そのあたりからレッスンが待ち遠しくなりました。もちろん半分も相手の言っていることはわかりません。でも、少しでも会話が成立したときはとても嬉しくなりました。と同時に、通じなかったときはとても辛くも感じました。オンラインレッスンの講師は日本人かネイティブかは選択することができます。私のおすすめはネイティブを選択することです。相手が日本人だとどうしても甘えが生じ、最後は日本語でごまかしてしまおうという気持ちが作用してしまいます。最初の2〜3回は緊張しますので日本人講師を選択し、慣れてきたらネイティブ講師を選択することをおすすめします。

i-smile(アイスマイル)のカリキュラムの内容については理解していただけたでしょうか?

Follow me!

i-smileについて(その2)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です