i−smile について(その1)

i-smileのサイトを見ると「1日15分でペラペラになる人続出」とか「ドラマを見るだけで英会話が身につく」といったキャッチフレーズが目立ちます。私もこのフレーズを信じて、i-smileを実践した一人です。中学から高校、大学の必修科目と何年も勉強をしてきたのに全くといっていいほど英語を話すことも聞き取ることもできませんでした。インターネットの口コミがあまりにすごいので、もしかしたら秘密の勉強法があるのではないか?本当に話せるようになるのではないかと思い高額な教材ではありましたが、実践してみることにしました。

恐らくこのブログを見てくれている人は本当にこの教材で勉強したの?と思われる方がいるかも知れませんので、4ヶ月間この教材ですべてのカリキュラムを受講しやり遂げた証拠をお見せしたいと思います。

カリキュラムを終了するとLINEで送られてくる修了証です。

皆さんが知りたいのは本当に英会話が上達するのか?ペラペラになるのか?ということだと思います。早速ですが結論から述べさせていただきます。通常2ヶ月のカリキュラムにプラスして更に2ヶ月間のプラチナコースを申し込みました。合計すると4ヶ月間 i-smile を実践しましたがTOEICスコア480の私のレベルでは、英会話が上達したという実感は得られませんでした。また、高額な商品ですのでコストパフォーマンスが重要になってくると思いますが、私には金額に見合ったコストパフォーマンスであったとは思えませんでした。コストパフォーマンスでは満足できませんでしたが、英語がネイティブの外国人先生とのカンバセーションなど楽しかったことも事実です。また、日本語がネイティブの先生からは日頃の勉強法などを教えていただけました。教材のすべてが不満足だったわけではありません。

中にはi-smileを実践して非常に満足された方もいますので、この教材との相性が関係していると思います。次回以降、i-smileの詳細について紹介していこうと思います。

 

Follow me!

i−smile について(その1)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です