はじめに

中学から大学まで、英語だけは真面目にやっとけば良かったと反省しています。

私は現役自衛官だったとき米軍との共同訓練などを経験してきました。ほどんと英語を話せなかった私は、日本人のスタッフとしか話をせず、米軍人と距離を置いていました。そのため、日頃の訓練と変わらない感覚でした。今思うと、人間の生死を掛けて戦ってきた米軍から祖国に対する愛国心や戦術についてもっと学んでいれば良かったと反省しています。

なぜ、米軍人とコミュニケーションを取らなかったのか?その理由はたった一つです。それは「英語が話せない」それだけです。本当に貴重な時間を無駄にしてしまいました。それ以来、英語が話せたらいいなと思い続けてきました。

2019(令和元年)3月に自衛隊を退職し、比較的自由な時間を持つことができるようになったので英語を勉強しようと思い立ちました。当初は、フィリピンに短期留学しようと思いましたが、家族に反対されましたので自宅で勉強することにしました。最初は、昔の教材を読み返す程度でしたがインターネットで様々な教材が売られていることを知ったので、オンラインで勉強することにしました。

2020年(令和2年)4月にたまたまインターネットでi-smile(アイスマイル)を見つけたのでその教材で勉強することにしました。このi−smileは口コミでは「英語がペラペラになった」とか「効果絶大」といったいい評判しか目にしませんでした。高額な教材でしたが、家族に内緒でこの教材を購入してしまいました。今思うと、口コミの内容はほとんど実際にこの教材を試した人ではなかったと気付きました。

この度4ヶ月に渡る勉強期間をすべてやり通しました。このi-smile(アイスマイル)の勉強方法や効果、料金などを詳しく紹介していきたいと思います。多くの人が知りたいのはi-smileをやり遂げると本当に英語がペラペラになるのか?教材の売りである返金保証は本当なのか?ということだと思います。このブログを訪れてくれた方に本当のことを知ってほしいので、i-smileについてお伝えできることをすべてお伝えしたいと思います。

ちなみに私は2018年2月にTOEICの本試験を受験しています。その際は、スコア480でした。またi−smileを始める直前にTOEIC公式問題集を自分でやってみました。その時のスコアも475でした。TOEICだけが英語の実力ではないというお話を聞きますが、i−smileを始める前の私の実力の指標として参考にしていただければと思います。

2020年4月に公式問題集を使用して自分でテストした結果です。スコアレンジは315〜475でした。

最終的な私の目標は今年中にTOEIC700点を突破することです。そのために今も他の教材で勉強を継続しています。その教材についても詳しく紹介していきたいと思います。また、様々な教材の無料体験などのレビューも紹介して行きますので参考にしてください。このブログを通じて皆さんが本当に英語が話せるようになってほしいと思います。もちろん私も頑張ります。質問などありましたら、お気軽に連絡お願いします。

最後に一言付け加えさせていただきますが、感じる効果や満足度は人それぞれです。なるべく正しい情報をお伝えするように努力いたしますがその点だけはご承知ください。

 

Follow me!

はじめに” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です